Home » SyowazenkiSyosetsuTaizen by Osamu Dazai
SyowazenkiSyosetsuTaizen Osamu Dazai

SyowazenkiSyosetsuTaizen

Osamu Dazai

Published November 17th 2013
ISBN :
Kindle Edition
Enter the sum

 About the Book 

昭和前期の時代と文学大正末に起こったプロレタリアの文学は小林多喜二の「蟹工船」、徳永直の「太陽のない街」という傑作を生み出しますが、昭和初期には当局の弾圧のため崩壊します。またこのころモダニズム文学が起こります。その代表として、新感覚派と呼ばれた横光利一が挙げられます。彼はジョイスやプルーストの影響を受けて心理主義の傾向を帯び、「機械」や「紋章」などを書きました。また後にノーベル文学賞を受賞することになる川端康成もその才能を輝かせ、「伊豆の踊子」や「雪国」などを発表します。その他梶井基次郎、More昭和前期の時代と文学 大正末に起こったプロレタリアの文学は小林多喜二の「蟹工船」、徳永直の「太陽のない街」という傑作を生み出しますが、昭和初期には当局の弾圧のため崩壊します。またこのころモダニズム文学が起こります。その代表として、新感覚派と呼ばれた横光利一が挙げられます。彼はジョイスやプルーストの影響を受けて心理主義の傾向を帯び、「機械」や「紋章」などを書きました。また後にノーベル文学賞を受賞することになる川端康成もその才能を輝かせ、「伊豆の踊子」や「雪国」などを発表します。その他梶井基次郎、井伏鱒二、堀辰雄なども旺盛な創作活動を続けました。また島崎藤村は昭和十年に、大作「夜明け前」を完成し、文壇に深い感銘を与えました。 しかし、昭和十年代に入ると戦争の影響は避けがたく、文学の世界でも次第に意欲的な創作活動は下火となってきます。そのような中でも自己の芸術的な使命に純粋に従って、旺盛な創作活動を続けたのは太宰治でした。初期には退廃的な傾向の強かった太宰は、この時期自己の中に沈潜することで数々の傑作を生み出しました。「富嶽百景」「新釈諸国噺」「津軽」「走れメロス」等が書かれました。